筋力作りに必要な栄養素|アミノ酸の効率良い摂取方法とは

尿酸値が高い方は

有効成分と多く含む食品

女の人

摂取した食べ物や体内で作られるプリン体が肝臓で分解された物質を尿酸といい、尿酸が上手く排泄されないと数値が高くなってしまいます。尿酸値が高い状態が続くと、慢性肝臓病や痛風になる可能性が高くなるので気を付けなければいけません。尿酸値を下げるために、普段からプリン体の多い食品や飲料を控えることも大事ですが、付き合いなどもあるので人によっては難しいでしょう。そんな方は、尿をアルカリ化する性質のある食品をなるべく食べたり、尿酸値を下げるために有効な成分を摂るようにして下さい。アルカリ化する性質が高いのは、ワカメや昆布などの海藻類と緑黄色野菜なので、毎日食べやすい物が多いので難しくはないでしょう。尿酸値を下げるために活用出来る有効な成分はいくつかありますが、代表的なのが様々な効能が期待出来るアンセリンです。アンセリンは鮪や鮭などの魚類に多く含まれている成分で、尿酸値を下げる他にも抗疲労効果や血圧降下作用が効能として挙げられています。魚類意外だと、鳥類の筋肉に多く含まれており、現在もアンセリンの研究は続けられているようです。アンセリンを毎日摂取するのは大変ですが、なるべく食品から補うようにし、時々サプリメントを活用するようにしましょう。健康食品メーカーのほとんどが低価格でアンセリンのサプリメントを販売しており、尿酸値が高い多くの方が活用しています。アンセリンのサプリメントは、健康食品を専門に扱っているインターネットショップなどで販売されているので、気軽に購入することが出来ます。最近は健康のために様々なサプリメントを使用される方が増え、体質改善や病気の予防にも役立てています。

痛風や生活習慣病の原因

サプリ

痛風という病名を耳にしたことがある人も多いでしょう。風が吹くだけでも痛むということからその名がついたと言われています。一般人が痛風になる原因としては、元々の体質や乱れた生活習慣が主な原因と考えられており、昔は贅沢病とも呼ばれていました。しかし、意外なことにアスリートにも痛風を患っている選手が多いことが各種メディアでも徐々に発信されています。乱れた生活とは無縁にも思えるアスリートが痛風に悩むのはなぜなのかというと、そもそも血中の尿酸値が上がってしまう、高尿酸血症という症状になることで痛風のリスクが高まるからです。乱れた生活習慣でも尿酸値は上がりやすくなりますが、激しい無酸素運動、発汗による一時的な脱水症状も尿酸値に影響を与えます。さらにトレーニングで蓄積する乳酸は、体内からの尿酸排出を抑えてしまうため、結果として尿酸値が上がってしまうのです。一般人が尿酸値を下げるには、生活習慣を見直したり、食生活に気をつけるなど、健康的な生活を送ることをおすすめします。食べ物なら納豆や牛乳など摂取すると良いようです。アスリートならすでに生活面を大きく変える必要はないと思われますので、食べ物を見つめ直したり、トレーニング方法をトレーナーと相談するとよいでしょう。また、尿酸値を下げるサプリも多く発売されています。サプリなら一般人でもアスリートでも気軽に入手できますし、手間を掛けずに計画的に摂取することが可能です。サプリの中に含まれる主な成分としては、アンセリンや葉酸といったものが挙げられます。これらが含まれたサプリを上手に摂取することで、効果的に尿酸値を下げることができるでしょう。尿酸値が上がると痛風だけではなく、他の生活習慣病もかかりやすい状態になっています。サプリだけではなく、必ず生活習慣も見直して尿酸値を下げる生活を意識していきましょう。

尿酸値の上昇を防ぐ

サプリ

尿酸値の上昇と共に起こるのが痛風ですが、字の如く風が吹いただけで痛みにのたうちまわると言われています。足の指の関節はもちろんですが、手の指や背中にも痛みが出ると言われています。血液検査をすると尿酸値が分かりますが、近年は隠れ痛風患者が増えているのも事実です。中高年の男性が患者のメインでしたが、食生活の欧米化で若い男性や女性の患者も増えています。尿酸値を下げるライフスタイルが理想ですが、サプリメントを効果的に活用することが改善への一歩です。ドラッグストアにはたくさんのサプリが並んでいますが、尿酸値を下げる効果があるのはサポニンだと言われています。サポニンが多く含まれているサプリを飲むことは無論、食事の中でもサポニンを意識的に摂取することが大切です。キャベツや大根にはサポニンが多く含まれていますし、海草や魚にも多いと言われています。尿酸値を下げるには肉を控えて、カロリーを計算しながら食事を摂ることがベストです。サプリは外出先にも持参することが出来ますし、かかりつけ医に相談することで医薬品と併用することも可能です。尿酸値を下げることが出来れば痛風になることはないですし、糖尿病のリスクも減らすことが出来ます。食事と運動を上手に組み合わせることで、平均寿命はまだまだ延びるのではないでしょうか。尿管結石のリスクも下がりますし、ひいては日本の医療費用の抑制にも繋がります。尿酸値が下がると、QOLが高まります。